「今日は会社に行きたくねぇ!」というあなた、たまにはズル休みしてもいいんじゃない?

どうも、毎日お仕事お疲れ様です。

毎日毎日会社に行くのも疲れますよね。

暑い日の満員電車・・・寒い日の木枯らし・・・

今日はどうしても乗り気になれないなってこと、たまにはあると思います。

たまにではなく毎日かもしれません。

そんな時は、思い切ってズル休みしちゃいませんか?というお話です。

スポンサーリンク

僕はズル休み常習犯

白状しましょう、僕はズル休み常習犯です。

普通に体調崩す時もたまにはありますが、その日に気分が乗らなくて休むという行為をかなりの回数重ねています。

休むのを伝える時は「体調不良」と伝えていますが、

たぶんズル休みなのはバレてます。

2~3ヵ月に1回は体調不良ということになってるわけですからね、そりゃたぶんバレてると思います。

でもバレてもいいや、と思いながら休んでます。

そのおかげ(?)か1年間の有給消化率はほぼ100%です。

まあ1年でほぼ有給使いきってしまうので大病を患った時は若干怖いですが・・・その時はその時です。

一応断っておくと、大事な仕事のある日は休んでいませんし、今日はあんまり仕事ないなと思う日を選んで休んでいま。

有給休暇は立派な権利

たとえば有給休暇を使うとなると、何か予定があったり体調がどうしてもよくない時にしか使うべきではない、と考えている人も多いかもしれません。

でも有給休暇はあなたに与えられた立派な権利なのですから、特に理由もなくダラッとしたいという時でも使ってもいいのですよ。

なんか疲れてる時とか、妙に気分が乗らない日というのは誰にでもあると思います。

そんな日は無理に出勤するよりも一旦休んでリフレッシュすることでスッキリすることができます。

仕事のモチベーションを保つという意味で、ズル休みをするというのは効果的だと僕は考えているわけです。

スポンサーリンク

特に仕事がない日に休んでも何も言われない

僕がこんなに休んでいても特にそこまで何も言われないのは、僕の職場がゆるいからということももしかしたらあるかもしれません。

でも、おそらく一番の理由は休んでも構わない日に休んでいるからだと思います。

上でも言いましたが、大事な仕事がある日はさすがの僕もズル休みなんかしません。

しかし毎日大事な仕事があるかって言われるとそうでもないのです。

そういう日に気分が乗らなかったら「あー・・・今日は休も」となるのです。

これが大事な仕事がある時に何度も休むようでは上司の対応も変わってくるだろうと思います。

思い詰めて仕事するよりは適度にサボるのも良い

実際、会社に行くだけでも結構なストレスだったりする人もいると思います。

そしてそれは毎日続き、とても土日だけではリフレッシュできないということもあるでしょう。

そんな時は少しくらいサボっちゃってもバチは当たりませんよ。

一度休んでスッキリしてまた次の日に頑張ればいいじゃないですか。

思い詰めているとストレスで身体が蝕まれたり、過労で倒れてしまうかもしれませんよ。

一番大事なのは自分の身体です。

自分の身体と相談しながら適度に休む、ということも仕事をする上で大事なことなんです。

ストレスなどを感じた時は自分の好きなことをやるでも良いし、ストレス解消グッズなどもあるので上手く発散していけばいいと思います。

あわせて読みたい
イライラが多い現代社会を生き抜く!ストレス解消グッズや書籍をまとめてみた毎日の仕事や人間関係、SNSでのやりとりやニュースなど、ストレスを溜めがちな現代社会。 あなたはきちんと自分のストレス解消法を持っ...

スポンサーリンク

やることをやってれば周りの目は気にしなくていい

休むということ自体が悪のような風潮もありますよね。

でも昨今では過労自殺が社会問題にもなっていますし、有給を消化するように、という意識も世の中に流れつつあります。

自分の仕事を片付けていれば問題はないわけですから、きちんと仕事をしていれば周りの目は気にしなくて大丈夫です。

もし何がなんでも休ませないような会社だった場合は転職なども視野に入れて考えるべきだと思います。

社員が働きやすい環境を作れないような会社だと、ずっと消耗して働くことになりますからね。

おわりに

ということで、今回はみんなももっとズル休みしようぜ!というお話でした。

良好な精神と肉体を保ち、仕事へのモチベーションを上げるという意味でも、たまにはズル休みしちゃっていいと思いますよ。