【読書感想】君のみそ汁の為なら、僕は億だって稼げるかもしれない

これ、金融知識も学べるしお話も王道ながら面白かったのでかなりオススメです。
以下、多少のネタバレを含みますがご了承ください。


【貧乏学生の翔が通う金成学園では株式制度が導入され、生徒達が自分で部費などを稼いでいる。“ホープ”はそんな学園の中で流通する通貨であり、金額に相当する願いを叶える不思議な力がある。ある日、ひょんな事から大好きな夢路さんに【16歳の誕生日を迎えたら結婚する】という願いが1億ホープでかけられている事を知り――。タイムリミットである夢路さんの誕生日までおよそ半年。ホープでかけられた願いは同額のホープで打ち消す事が出来る。翔のなけなしの学費100万ホープを元手に1億ホープ稼ぐ戦いが、今始まる!】

僕自身も少しだけ株の売買経験がありますが、投資や経営の勉強ってなんか面倒だし眠くなるしで苦手なんですよね。
でも本書は王道的なストーリーに沿って投資や経営が解説されるので頭に入りやすいし、なによりヒロインが可愛いので読み続けるモチベーションも保ち続けることができたのが良かった。

スポンサーリンク

経営や投資の基本がわかる

舞台となる金成学園では“ホープ”という通貨が使われており、売買以外にも自分の願い事にも使えるというファンタジー的な設定も盛り込まれています。
願い事は限度もありますがホープの量に応じて叶えられ、またその願い事を打ち消すためにホープを使用する、という使い方もできます。

ホープ自体もペットボトル飲料が150ホープが相場なのでだいたい日本円と同じレートとして描かれているのでわかりやすい。
お話としては、絶品のみそ汁を作る定食屋のヒロインに『16歳になったら結婚する』という願いを1億ホープで御曹司にかけられてしまい、それを打ち消すために主人公が1億ホープを稼ぐというストーリーになっています。

ライトノベルということもあって軽く楽しく読め、経営や投資の基本も学べることができます。
ちょっと極端な例ではありますが、以下は作中で主人公の友人が、「夢路さん(ヒロイン)の食堂でみそ汁定食を1日4000食売れば期日までに1億儲かるのでは?」という発言を受けての主人公の言葉です。

「仮に1食作るのに10秒かかるとしよう。1000食なら1万秒……大体2時間半超だ。これが4000食だと4倍……11時間くらいかかる。休憩時間もなく、ずっと1食10秒のペースで、1日11時間を半年続けるんだよ。夢路さんと婆さんだけじゃまず無理だろう。バイトを雇えば人件費が発生して利益は減るから、必要な販売数は更に膨らむ」

費用対効果については個人であっても考えることは多いと思います。「コスパ」なんて言葉もよく使われますしね。
対して、時間対効果はなかなか個人だと考えられなかったりします。
経営者や金融リテラシーの高い人はそのあたりを考えることも多いと思いますが、個人ではなかなか考えに至らない単純な気づきを得られる機会が本書ではいくつもあります。

自販機ビジネスも清掃ビジネスも、準備さえすれば極力ほったらかしでできるところがポイントだ。僕の体は一つしかないんだから、時間は有効に使わないといけない。

「金持ち父さん、貧乏父さん」というベストセラーでもこのあたりの話は出てきました。


こういった投資の基本的な考え方はもちろん、TOB、ポイズンピル、大量保有報告書、同質化戦略といった金融や経営に関する用語も学ぶこともできます。
実際に登場人物たちがこういった戦略などを用いているので単に説明されるよりもかなりわかりやすく感じることができました。

ただ、こういう話を見ていていつも思うのですが、登場人物たちは何か一芸に秀でていたり誰にも負けない強みを持っているんですよね。
本書で言えば、ヒロインが作るみそ汁がそれに当たります。
ある種の印籠というか、このみそ汁がなかったら成立していないような場面も多々あるのです。

今回はたまたまヒロインが作るみそ汁という絶対的な強みがあり、他の経営成功物語などもこのような強みが登場することも多いのですが、僕のような持たざる者としては「でもあなただから成功できたんだよね?」と思ってしまう面もあるのです。
まあこういう発想があまり良くないのは自分でもわかっているし、まずは強みを持ったり認識することから始めてみよう、というメッセージでもあるのかもしれないけれど。

とまあここまで金融関係や思ったことを中心に書いてきましたが、お話としても王道で面白い。

主人公はボンクラでほんの少し天然ボケっぽい感じなのに経営の知識を使ってヒロインを守るため奔走する姿は好感が持てる。(途中でとある人物に脅迫するけど・・・)
ヒロインも天然っぽい感じだけども誠実な心を持っていて可愛いと感じられるし、経営素人の友人も実は陰でしっかりと勉強していてカッコいい人物なんです。
作中キャラの中でもこの友人キャラが個人的には一番好きかもしれないですね。

1巻完結で綺麗に締めているので続巻は出ないと思いますが、読んでよかったと思えるラノベでした。