イライラが多い現代社会を生き抜く!ストレス解消グッズや書籍をまとめてみた

毎日の仕事や人間関係、SNSでのやりとりやニュースなど、ストレスを溜めがちな現代社会。

あなたはきちんと自分のストレス解消法を持っていますか?

ストレスを放置しておくと鬱になってしまう心の病はもちろん、身体にも悪影響が出てきます。

そこで今回は手軽にストレスを解消できるグッズや書籍をまとめてみました。

スポンサーリンク

これで安心!イライラを発散できるストレス解消グッズまとめ

ZNT 超音波式アロマディフューザー 萌えニャンコ+アロマオイル

可愛いにゃんこ型のアロマディフューザーです。

可愛いは正義ですよね。

見てるだけでも癒されますが、しっかりとアロマ機能でも癒しを与えてくれます。

また、触り心地もふわふわとしていて、まさに全身で癒しを与えてくれるにゃんこです。

アロマエッセンシャルオイルも合わせてどうぞ。

ストレス解消パンチバッグ

空気で膨らませて使用するパンチバッグです。

これで思いっきりパンチすることでストレス発散と運動を同時におこなえます。

サイズはかなり大きく、150㎝ほどあるので部屋の広さを考慮しなければなりませんが、そのぶん全力で殴れます。

無性に殴りたくなったらこれで殴りましょう!

重りの水が漏れないように注意してください。

コンパクト パンチングボール エアーポンプ付き

こちらは卓上サイズのパンチングボールです。

パンチバッグと比べるとサイズが小さいので部屋の広さを考慮せずにパンチすることができます。

机の上に置いておけばいつでもパンチできますよ!

その際は周りに壊れやすいものがないように注意しましょう。

ストレスリムーバー パルスエッグ

created by Rinker
ホーマーイオン研究所

握りこむだけでストレスを解消できるグッズです。

手には色んな感覚器官が集中しており、そこを微弱電流により刺激することでリラクゼーション効果を与える仕組みになっています。

ふたつのモードがあり、アクティブモードでは気持ちを活性化させ、リラックスモードは緊張感などをやわらげる効果があります。

グリコ メンタルバランスチョコレートGABA

リラックス成分γ‐アミノ酪酸(GABA)が配合されたメンタルバランスチョコレートです。

γ-アミノ酪酸には、事務的作業による、一時的・心理的なストレスの低減機能があることが報告されています。

その成分をふんだんに使用されたチョコレートなので作業の合間の一息に最適です。

効果は個人差があると思いますが、単純に味もめちゃくちゃ美味しいのでオススメです!

素振刀フリセンマグナム

素振り用の振り棒です。

長さは70センチほどですが、重さは1.1kgあるので少し重め。

これもまたパンチングバッグと同じく広めの部屋が必要ですが、思いっきり素振りすることでストレスを解消できます。

腕の筋肉や二の腕を引き締めるのにも役立ちますね。

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク

寝る前に使用するホットアイマスクです。

袋からアイマスクを取り出すとすぐに温かくなるので、そのままつけて就寝します。

目元を温めると血行が良くなり、目の疲れにも効果があります。

今の時代ではデスクワークやスマホやタブレットなど、目が疲れてしまうことでストレスを感じる機会も多いです。

しっかりと目を休ませてあげることが大切です。

MENTハーブティー


ストレスにはハーブティーを飲むのも有効です。

モーニングアップブレンドには朝のリズムを整えて活力アップできます。

逆に、ナイトリセットブレンドは夜のリズムを整えるべく緊張を和らげてスムーズに就寝できるようにしてくれます。

状況に合わせて飲むことで適切に心を整えることができるのでオススメです。

▼MENTハーブティー公式サイトの詳細はこちら
100%オーガニックハーブティーブランド【MENT】

ストレスに向き合い解消するための本まとめ

超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド

本書は数あるストレス解消の方法を厳選して100のメソッドとしてまとめたものになります。

研究に基づいているので科学的な根拠もあり、実際の医療現場でも実用されている手法なども掲載されています。

実用性もさることながら見やすいレイアウトも考えられていて、読むこと自体がストレスにならないという点も含めてオススメです。

ストレスを操るメンタル強化術

ご存知、おなじみのメンタリストDaigoさんによる著書です。

Daigoさんのどの著作にも共通して言えることですが、ストレスやメンタルに関する提示が本当にわかりすく書かれています。

独特の鋭い切り口はもちろん、ストレスを味方につけることで自分に成長をもたらすという視点も個人的に納得できるものになっていました。

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

タイトル通り、ストレスそのものを力に変えていくという視点を提示した本になります。

ストレスとは悪いものであるという常識を変えるような研究や実験が掲載されています。

ストレスを力に変える、という視点は前述したメンタリストDaigoさんの著書でも登場しましたね。

個人的にはこういった「ストレスと上手く付き合っていく」というような考え方は好みなので好感が持てます。

スタンフォードの教授が教える 職場のアホと戦わない技術

凄く直球なタイトルですね(笑)

スタンフォードの研究をもとに、「アホ」への対処法を提案しています。

こういった本を読むと、職場でのストレスなどは日本だけじゃなく世界共通なんだな・・・と思ってしまいますね。

あらゆる状況でのさまざまな対処法が提案されているので、ビジネスパーソンであれば誰もが参考になることでしょう。

脳からストレスをスッキリ消す事典

ストレスや思考に関する重要な脳内物質であるセロトニンについての掘り下げた本になっています。

セロトニンという脳内物質が不足するとネガティブな思考に陥りがちです。

そこで、セロトニンを活性化させる食事のレシピや方法などが紹介されています。

ストレス解消とともに前向きな考えを作るような生活づくりに役立つ本ですね。

スポンサーリンク

おわりに

ストレスとは切っても切れない現代社会。

いろいろなストレス解消グッズや癒しグッズ、対処法が記された書籍を利用してこの現代社会を生き抜いていきましょう。